カポエイラ:今年もイベントシーズン到来!

こんにちは、Griloです。

毎年この時期はイベント&カポエイラのシーズン。

色々なところで色々な人たちと一緒に、

フェスの空気を創っていくのが楽しい季節です。

今年も様々なお祭りやフェスからお誘い頂いていて、

今から楽しみにしています。

現在解っているだけでも、

7月ブラジルフェスティバル、たまプラーザ夏祭り
8月本鵠沼夏祭り
9月逗子某所でのダンスイベント
10月辻堂イベント

などなど…

団体の昇段式というメンバーにとってのビッグイベントも控えてますし、

夏は本当に盛りだくさんです。

すっかりブログの更新が遅れてしまっていたので、

アップしていませんでしたが、

6月3日(日)にはテラスモール湘南のJEUGIAカルチャーセンターのステージにも参加しました。

沢山のお客さんの前でカポエイラをするって、

主観的にも気持ちいいですが、

ぐるっとステージを囲んで1階、2階、3階から見て頂いていた皆さんと、

一緒くたに大きな場を創れているって感覚は、

言葉には出来ない開放感で一杯です。

今後に控えているイベント、

来てくださる皆さんと一緒に場を創るのが、

今から楽しみです!

ACCC.SHONANのクラス情報はこちら

カポエイラ:登戸クラス、今週末スタート!

こんにちは、Griloです。

webの更新作業で暫くアップが滞っていましたが、

漸く再開します。

今週末の4月7日(土)12:00~14:00、登戸クラスがスタートします。

小田急線からは徒歩1分、南武線からは改札から0分という立地です!

川崎は初進出なので(湘南支部なのだから当たり前といえば当たり前)、

また新たな人々との出会いを今から楽しみにしています。

ACCCでは世田谷クラスが3月いっぱいで終了した関係で、

長年世田谷でカポエイラの練習に取り組んできた皆さんとも、

一緒に練習できる場になればと思っています。

もちろん、

初心者、カポエイラを全くやったことのない貴方、

身体が硬くて自信が無い貴方でも、

その人その人に合った形でメニューを組んでいきますので、

大丈夫。

そういう意味では、

上級者の方と初心者の方が顔を合せてレッスンの出来る、

珍しい空間になるんじゃないかと考えています。

ベテランの皆さんと一緒に取り組むと、

「良く解らないけど先生に聴くのはちょっと…」

なんてことも気軽に聞けたりしますので、

そんなお得な部分も含めて、

是非お越しいただければと思います。

ACCC.SHONANのクラス情報はこちら

カポエイラ:技の分類③独楽回転

こんにちは、Griloです。

技の解説、第3回目は独楽の様に回る動きについて。

ACCCではピアオン・ジ・マオンという名前の技ですね。

パラフーゾと呼ぶ団体もあるし、

名前は様々ですが、

要するに逆立ちして手で回転する、という動きの事です。

完成度が上がれば片手のうえで何度も回ることが出来るという、

一見ちょっと人間離れした技ですね。

先ずは技の構造をざっくりと、

便宜上時計回りに回転する方向で説明します。

 

初めに、左手を地面につきに行くと同時に、

右脚を大きく振り上げます。

振り上げ方向は真直ぐ後ろです。

斜めに振り上げてしまうと、

回転軸が纏まらずに逆立ちの形をキープできません。

続いて、

右手を地面に着くと同時に、

左手を地面から離します。

それに合わせて、

振り上げていた右脚と、あとから上がってきた左脚を、

真直ぐ真上にまとめます。

両手を同時に地面に着いている時間を創ってしまうと、

せっかく生み出した回転エネルギーにブレーキがかかってしまうため、

必ず地面に着いている手は片手のみ、

軸が一本になるようにします。

後は、回転エネルギーを殺さないように身体の形をキープしてあげれば、

クルンと回ってくれるわけです。

 

さて、この技をするにあたってのポイントは、

初めにきちんと脚を振り上げられるのか、

という点にあります。

人間、どうしても逆立ちを一人でしようとすると、

後ろに倒れるのではないかという恐怖心が先に立って、

少しブレーキをかけてしまいます。

そうすると、逆立ちで止まる位置まで腰が上がらずに、

前に脚が落ちてきてしまいます。

故に、

先ず初めに振り上げる脚をしっかりと逆立ちまでもってくる、

それが非常に重要になります。

どうしても上がらない場合は、

壁倒立を変形させて、

壁から少し離れた所に両手を着いて、

片足だけ壁に預ける形でキープする逆立ちの練習をしてみてください。

そうすると、

脚を振り上げる位置のイメージが付いてくるので、

ピアオン・ジ・マオンに入る所からでも、

脚を振り上げることが出来るようになっていきます。

あとは、

手足を入れ替えた瞬間に色々とコントロールしようとせず、

ただ一本の棒として身体を固定すると、

回転軸がしっかりしてきます。

このあたりは何度も調整が必要な部分になりますが、

めげずにやっていると少しずつ正確性が増してきますので、

焦らずに練習を続けると良いと思います。

 

次回は、ケブラ・ジ・ヒンの解説ですー。

◆ACCC カポエイラ湘南のクラス情報はこちら

カポエイラ:技の分類②後回転

こんにちは、Griloです。

毎週木曜日にこのコーナーを更新しております。

今回は、引き続き基本となる6種類の動きその2、

後回転です。

まず、後回転という動きそのものですが、

こんな感じになります。

カポエイラといえば、

という位お馴染みになりつつある、

マカコという技です。

ブレイクダンスでもマカコと呼ぶんだとか。

そのくらいポピュラーと言っていいと思います。

この動きは初めて見ると非常に難しそうに映りますが、

実際の技術はとてもシンプルで簡単です。

先ず、つま先立ちでしゃがんだ姿勢をつくります。

次に、回転軸となる手をお尻の真後ろにつきに行きます。

その軸になる手を地面に置いた瞬間に、

骨盤を真直ぐ天上方向へ急激に加速させて飛び上がり、

それに合わせて残っていた手を耳の横まで振り上げます。

この時、軸となる手に重心をしっかりと移動しておくことがポイントです。

簡単に言えば、

1、手を置く

2、身体を真直ぐ天上方向へ反らせる

3、残りの手で身体を真直ぐ後に引っ張る

の3点が押さえられれば、マカコは完成します。

「なんだ、カンタンじゃん!」

そう、カンタンなのです。

問題は、恐怖心。

マカコをやりたくても出来ない、

という人は沢山居る訳ですけれども、

その問題の9割は恐怖心から来ていると考えて間違いないです。

即ち、後ろに回ると回避動作を無意識にしてしまう。

身体を捻じってしまうんですね。

そうすると自然、後ろには回らず、側転になってしまったりする。

じゃあ恐怖心があったら出来ないのか?

というと、そういう事では有りません。

自分の中に恐怖心というのが在ると認識するのが大事。

その恐怖心を認識しながら、

技術的なことをしっかりとトレースすることが求められます。

別に怖くて良いんです。

「怖くない!」とか自分い言い聞かせる必要はありません。

根性とかも要りません。

1、手を着いて

2、骨盤を真直ぐ持ち上げ、

3、残りの手で真直ぐ引っ張る

をちゃんとやれば、自然に形になります。

身体が逃げたがるのを、意図的に押さえて、

真直ぐに回るように指示を出せば、

形が出来上がります。

とはいえ、初めは不安がつきものですから、

練習する際にはマットなどの緩衝材がある所で、

練習すると良いですね。

次回は「独楽回転」を取り上げていきます。

 

◆ACCC カポエイラ湘南のクラス情報はこちら

カポエイラ:技の分類①前回転

こんにちは、Griloです。

木曜日に更新しようと思っていたのですが、

体調不良で寝込んでしまい、

遅れてしまいました。

本日は回復基調。

今年の風邪は結構流行っているみたいですね。

寒さも堪えるし、気を付けたいものです。

 

さて、

先日書きました基本の動き6種類ですが、

今日はそのうちの1番、前回転についてお話します。

ですがその前に前回転とは何ぞや、

というのを具体的に技にしたのがこちら

当団体では”ホンダナ”と呼んでいる技です。

要するに、前転方向に回る側転(カポエイラで言えばアウー)

ということになります。

この動きは、たとえ1000回アウーを練習しても、

全く身につきません。

ただ、だからと言って必要な技術は決して多くはありません。

この技を身につける際に必要な技術は3つ、

1、頭・背中・脚を反らせる

2、腰の位置を固定する(身体の形を固定する)

3、右手・左手の地面に着く位置を離す

この3点に意識がきちんと通れば問題なく出来ます。

中でも1番大切なのは、

1、頭、背中、脚を反らせる

という部分です。

人間、起き上がりたくなるとどうしても頭を先に起こそうとしてしまって、

顎を引いてしまいます。

ですが、前に回転したい時は、逆の動きをしなければいけない。

なぜなら、顎を引いてしまうと背骨が丸まり、

腰が落ちてお尻が地面についてしまうからです。

そのため、前回転を実践している際は、

頭は後ろに反らせる必要が出てきます。

それによって頭から足先までアーチが出来上がり、

それが下から身体を支え、

初めに作り出した回転エネルギーを余さず起き上がるエネルギーに伝えてくれます。

この動作を無駄なく行うために必要なのが、

2、3、の部分。

2、腰の位置を固定する

これが出来ないと、身体が地面に落ちないように回避動作をしてしまいます。

人間の身体って、背中から落ちそうになると、

何とか回転して避けようとするんですね。

ですからそれを自分の意思で身体の形を固定する必要がある。

一度固定出来て起き上がれてしまえば、

身体は背中から回っても怪我をしない、危険では無い、

という情報がインプットされるので、

後は問題が無くなります。

要するに最初の無意識の恐怖心との戦いを、

意図的に抜けられるかどうか、

恐怖心のあるなしに関係なく腰の位置を固定できるかどうか、

というのがポイントになります。

3、右手・左手の地面に着く位置を離す

は、起き上がりの際に必要になります。

身体を反らせる動作が完成していたとしても、

身体の硬さには個人差がかなりあります。

背中側が柔らかい人は両手を同時に地面についても難なく起き上がれますが、

背中が反りにくい人などは身体が起き上がるエネルギーをロスしてしまいます。

簡単に言えば、円(背中が反る)は転がるのに支障ないけれど、

台形(背中が反らない)は転がると止まる、という事です。

そのため、右手・左手を着くタイミングと距離をずらし、

後からついた手と腰・脚でアーチの距離を近くする事により、

そのエネルギーのロスを補う事で起き上がりを容易にする、

という事です。

これらによって、前回転の基本の技術が身につきます。

もちろんここから派生があるわけですが、

基本が押さえられれば、

取り組み方は似通ってきますので、やはり基礎が肝要ですね。

 

◆ACCC カポエイラ湘南のクラス情報はこちら

カポエイラ:技の分類と解説。

こんにちは、Griloです。

今年の冬は冷え込みがきつくて、

屋外でのカポエイラ活動はいつもより控えめ。

早いところ動きやすい季節になって欲しいものですね。

さて、

今日はカポエイラの技を分類してみたいと思います。

カポエイラは傍から見るとかなり複雑な動きの組み合わせで、

それこそ数え切れないほどの技があるように見えます。

ただ、性質の似通った技に分類していくと、

実は割とシンプルに分けることが出来ます。

基本となる蹴りを除くと、

私の目から見ると技は概ね6種類に分けることができ、

それらの基本を押さえる事が、

カポエイラの動きにおける自由度を上げる、

キーになっていると言えます。

具体的には、

1、前回転

2、後回転

3、独楽回転

4、ケブラ・ジ・ヒン(落とす系、なんて言ったりしますね)

5、頭を使った動き(3点倒立など)

6、反る動き

この6種類です。

まあ細々と分ければもっと色々あるのですが、

基本の蹴り・アウー(側転)を除いて分類すると、

こんな感じかなと。

これらが上手く体の中に情報としてインプットしてあれば、

そこから枝葉を伸ばしていく事が容易になります。

逆にそれらがない場合は、

そこから先にある技術に手を伸ばすのが困難になります。

この6種類の技術について、

これから毎回ブログで解説していく予定ですので、

お楽しみに。

 

◆ACCC カポエイラ湘南のクラス情報はこちら

登戸クラスが始まります!

こんにちは、Griloです。

ここのところ、ACCC湘南は余り新しいクラスを増やさず、

既存のクラスの充実に努めてきたのですが、

2018年4月より、登戸にて新クラスを開講する予定です!

全然湘南じゃないんですけど!

でも支部だけ湘南になります!

登戸クラスは、毎週土曜日12:00~14:00、

場所はクラウドナインスタジオ 登戸店です。

なんと駅から0分!

最高の立地でカポエイラのクラスを開講できる運びとなりました。

新しい年度の初めに気分も新しく習い事を始めたい、

そんなあなたをお待ちしております!

このクラスでは全くの初心者から上級者まで、幅広い経験層の方を対象に、

色々なメニューをクラスの中に取り込んで、

沢山のみなさんに楽しんで頂けるようにアイデアを詰めていく予定です。

 

今年はこの登戸クラスの開講をはじめ、

様々な活動を積極的に進めていくつもりです。

是非是非チェックして、楽しみにしていてください。

支部開始7年目にして、遅ればせながら、

2018年は湘南カポエイラ元年になると思います!

表現者として在る、というのが大事ですね。

こんにちは、Griloです。

今日はカポエイラに取り組む上での在り方のお話し。

カポエイラの持つ様々な型って、

その一つ一つが言語であり、文法であり、

メッセージを届けるためのコミュニケーションのツールだと思うんです。

普段の型の練習はその言語運用能力を上げるためのトレーニングで、

ジョゴはそのコミュニケーションの現れ。

そしてそこで表現されるべきは、

その人の在り方だと思うんですね。

その時にクローズアップするべきものって、

心、では無いと思うんです。

どちらかというと直観であるとか、

その瞬間にあるもののテクスチャー、

それを切り出すのが大事であると思う訳です。

心、から動こうとする人は、

いつもコロコロと揺れ動く心に囚われてしまいます。

「上手く出来ているだろうか。」「相手は自分とジョゴをしていて楽しいだろうか。」

「目立つことが出来ているか。」「格好悪い動きはしたくない。」

「出るのが恥ずかしい。」「自分なんかが割って入るのは烏滸がましい。」

全て心の動き。

それは多分その人自身とは別のモノだと思うんですよね。

そうでは無くて、あくまで直観的に表現したいものを型を通して現す。

相手の存在を感じ取りながら、自分の表現したい事柄を余すところなく出していく。

それが大事なポイント。

別に上手くなくて良いんです。

誰かの目を気にして動くのは止めて、

自分自身の中から出てくるもの、その場に流れているものに委ねること、

自分は表現者として在るのだ、という姿勢でいるという事を続けると、

その人らしいエネルギーが現れてくると思います。

 

◆ACCC カポエイラ湘南のクラス情報はこちら

カポエイラ:ブラジル渡航レポート③ 日常編

こんにちは、Griloです。

ブラジル渡航ブログ3回目は日常編。

バチザド前後の時期なので日常と言えるか言えないか微妙なところですが、

何となく向こうの生活をレポート。

 

朝。

陽が射している。

朝なんてもんじゃないな、と思うが、案外10:30位だったりする。

昨晩は3:30頃までは飲んでいたのに、随分早い起床だな。

ボンヤリとした思考を纏ったまま、2段ベッドからのそのそと這い出し、

外の空気を吸う。

足に新たにダニに噛まれた跡が数カ所。着実に増えている。

今では数を数えるのも馬鹿らしくてやめている。

痒いことは痒いが、別段どうという事も無い。

日本だったら半狂乱になりそうだが、ブラジルだと簡単に馴染んでしまう。

人は慣れるものだなぁ。

今泊まっているのは居るのは、CITIOと呼ばれるプチリゾートの様な場所。

プールがあったり、巨大な藁ぶき屋根と石畳があったりと、

中々綺麗な場所だ。

だが、プールは初日と2日目以降は緑色に染まり、まるで泳げる環境では無い。

多分塩素が切れたまま放置されているのだろう。

係員のサンパイオ(って日本人が勝手に呼んでいるおっさん)が塩素を蒔いて水を入れ、

「1時間位で泳げるようになるよ。」

と言ってから24時間ほど経ったが、全く変わっていない。

アイツの1時間は長いらしい。時給換算したら生きていけないだろう。

そんな事をぼんやりと考えながら、

石畳でヨガを少し。やることが無さ過ぎて、身体のメンテナンスを自然に始めてしまうのは、

きっといいことに違いない。

メストレも「ヨガは俺も良いと思う。」

と言っていたし。

そんなこんなで11:30頃になると、徐に朝食がスタートする。

カントーラさんが寝不足になりながら準備してくれているのは、

果物やパンや卵いため、それに欠かせないのが真っ黒いコーヒー。

コーヒーには温めたレイチ(ミルク)と砂糖をたっぷり入れるのがトラッドなブラジルスタイル。

ブラックコーヒーはかなり苦くて、単体では美味しく飲むことは出来ない。

だから必ずミルクと砂糖はセットで出てくるのだ。

だらだらと話しながらの朝食が終わると、みんな思い思いの行動に移り始める。

フォス・ド・イグアスから来てた仲間が一緒に泊まっていた頃は一緒に技練なぞやったけれど、

バチザドが終わった後はまちまち。

メストレが軽くレッスンをしてくれたり、

自分で技の練習をしたり、

ビール飲んでいたり、

買い物に行きたい人は買い物に行ったり。

僕はせっかくストレスなしでゆっくり過ごせるのにわざわざ買い物に行きたいとも思わなかったけど、

ひとところにじっとしていると息が詰まる性格の人もいるから、

その辺は人による。

今日は洗濯物の様子なんかを見ながら、昼寝とビールかな。

 

何事も無くダラダラと過ぎた午後は17:00を過ぎる辺りで、お昼ご飯。

がっつり肉、フェイジョアーダ、ご飯、サラダなんかが並ぶ。

僕は日本でも割とよく食べる方だが、こっちに来ると、

「もっと食え!」

と言われるので、結果的に2回くらいお代わりをすることになる。

肉なんかは1回の食事で300~400グラムくらいは食べてるんじゃなかろうか。

たらふく食べた後は少しの休憩、

19:00頃メストレのアカデミアに移動する。

今時期はだいたい毎日ホーダがあるのだ。

僕はブラジルに昼からビールを飲みに来たわけではなく、あくまでもカポエイラをやりに来たので(ここ重要)

颯爽と迎えの車に乗り込む。

CITIOからアカデミアまでは車で20分といったところ。

途中踏切が一つあって、

メストレ・ヴァガルーミは車を運転しながら、ニッコリ笑って、

「去年俺の車がここの電車にぶつかって大破したんだぜ!」

マジで何やってんの、っていうかよくぞ御無事で。

 

ホーダは1時間半ほど。

終わった頃には22:30程になっているのだが、

そこから恒例のベランダ・ダラダラ飲み。

僕は勝手にビタミーナと呼んでいるワインをメストレに少しだけ頂き、

ホーダの後も帰らずにわいわいやっている地元のカポエリスタ達とトークで盛り上がる。

いや、みんなが勝手に盛り上がってる、という方が正しいのか。


そんなこんなで、0:00、ようやっと腰を上げると、

また車でCITIOへと取って返す。

バチザド前なんかは、

「これからシュハスコやるぞ!火起こすぞ!」

マジかよ。日付越えてから炭に点火かよ。

という怒涛の展開も有ったが、

今日はカントーラさんと、ブラジルのプロフェッソール達が夕飯を用意してくれた。

ありがたや、ありがたや。

酒気と眠気で朦朧としながら今気づいたら3:00を回ったところ。

そろそろ歯磨いて、シャワー浴びて寝るとするかな…

 

というのが、バチザド前後に体験した僕のブラジルでの日常風景。

多少、ブラジルが身近に感じられましたでしょうか?

ブラジルレポートは取りあえず今回でお仕舞です。

足りない分はまた来年以降、ブラジルに行って考えるとします。

ここまで読んでいただいて有難うございました!

カポエイラ:ブラジル渡航レポート② バチザド

こんにちは、Griloです。

ブラジル渡航レポート第2回目はバチザドについて。

僕は前回ブラジルに行ったのは4月、5月の2か月で、

サンタカタリーナ州の第一回目のバチザドには参加したんですが、

本部のバチザドに参加するのはこれが初めて。

果たして日本との違いは如何に、と思っていたのですが、

実際参加してみると、想像以上に「違って」いた。

新しい帯を得ることに対する生徒の心構えの違いや、

歌の持つエネルギーが日本と比べて圧倒的に大きいこと、

数々のリオに住むメストレ達の参加ももちろんだが、

多分一番の違いは生徒一人一人の自主性なのだと思う。

一人一人が、自分が主役としてバチザドを創る姿勢で臨んでいる。

それ故に、歌が、ジョゴが、どれもが力強い。

場そのものを皆で共有している、エネルギーの大きさが、日本とはまるで違う。

今回、大阪のエスコーピオンがコントラメストレ(師範代)に昇段して、

その場に立ち会う事も出来た。


以前は「コントラメストレが日本で昇段しないのは何故か?」

と考えていたのだけれど、

これはここに来ると納得する。

コントラメストレの帯を日本で貰っても、全くもって嘘くさい。

本場のメストレやコントラメストレ達と、エネルギーが充満した空間で相対しないと、

あれは価値が出てこないのだと思う。

それに、これだけの数のメストレ達相手にジョゴができる時間なんてそう多くない。

是が非でも、ブラジルで昇段したくなるというモノだろう。

 

文字というメタ情報でアップしてみると解るのだけれど、

全く情報が乗り切らない。

文字情報にするとエネルギーが死んでしまう。

この辺は残念なところで、実際ブラジルに行って体感してもらうしかない。

 

あと、面白かったのはバチザド後のフェスタ。

シュハスコをやりながら夜通し飲めや歌えや、あるいはホーダになるのは想定内だったけど、

翌日のお昼過ぎ、フェスタの出し物が終わったらまさかの流れ解散。

「え?このタイミングで帰るの?」

というタイミングでゾロゾロとみんなが帰っていく様は独特で、

「締まらない」とも「余韻」とも何とも言い難い感じだった。

ともあれ、いずれも直接体感しないと解らないもの。

機会を創って、ブラジルまで行ってみると良いと思います。

◆ACCC カポエイラ湘南のクラス情報はこちら